スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

コンプレックスなんて吹き飛ばせ!

評価:
アビゲイル・ブレスリン,グレッグ・キニア,ポール・ダノ,アラン・アーキン,トニ・コレット,スティーヴ・カレル,ジョナサン・デイトン,ヴァレリー・ファリス,マイケル・アーント
勝ち組負け組
人間にはそんな種類しかないのか?
答えはNOでしょ。

ぽっこりお腹でおっきな眼鏡を掛けて、ミスコン優勝を狙う娘・オリーブ
ゲイで職を辞して自殺をはかったおじさん
口をきかない長男・ドゥエン
エロくてヘロイン中毒で、でもオリーブにはメロメロなおじーちゃん
ひたすら勝ち組になりたがる空気の読めない父
ギスギスした家族をまとめようと必死な母
・・・と、みんな一癖も二癖もある、この一家。

でも、オリーブがくりあげで次のミスコンに進めることになって、
ボロボロの黄色いワーゲンバスに家族全員で会場まで行く道中で
いろんなトラブルにぶちあったって、家族が助け合っていくうちに
それぞれが「問題」を解決していく様子は、見ていて心地よかったです。

そう。人は成功よりも失敗が大切。
失敗して、見直して、考えて・・・。
そうやって初めて分かることのほうが、この世の中にはたくさんある気がします。

ミスコンに出ていた、メイクも髪型もばっちり決めこんだ女の子の自己主張は
やたら陳腐で、作られたプラスチックみたい。
真に美しいものって、そんなもの?
馬鹿げてる。

お腹がぽっこり出ていようが、綺麗じゃなかろうが、
オリーブはそんな女の子たちよりずっとキラキラしていて可愛らしかったです。


映画全体に関しては、
面白かったけど、アカデミー賞の脚本賞と助演男優賞取ってて、
他に作品賞とかにノミネートしていたこともあり、ちょっと期待しすぎました。
「ラストシーンよかったけど、なにか足らない・・・」って思ったのも事実。
ということで☆4つ。

まぁ・・・、おじいちゃん仕込のストリップダンスのシーンには笑わせてもらいました。
孫にそんなもん仕込むって・・・おじいちゃんらしいです(笑)

自分に自信がなくなったときに、こんな処方箋もいいなって思える。
心温まる映画でした。


スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
Previous Entry | Next Entry

Comment






 

Trackback

トラックバック機能は終了しました。